2011年1月19日水曜日

あれっ?






誰に言われたわけでもなく、
もちろん義務でも強制でもなく今の仕事やってます。
僕は昔は仕事で写真を撮っていました。
ひょんなことから・・・ひょんってなんだ・・・
今ここにいるのですが昨日すごいことに気がつきました。
って、今頃、気がつくの遅すぎないか?
もちろん分かってましたけど再認識です。

ある展覧会の写真を見ていて思ったのですが、
展覧会の質の悪さが写真から伝わってこないという現実。
写真ではその良さが伝わらないとはよく言われますね。
でも考えたらその反対もあるのです。
悪さが伝わらないというのもかなり問題です。
あれ程ひどい展覧会も、
あれっ、写真で見たら別に悪くないって思ってしまいました。

悪いものでもよく見せるテクニックはあります。
そうでなければ仕事にならないことが多いです。
でも、ありのままを伝えることって、
簡単ではなくかなり難しいものです。
こっちの方がより難しいかもしれませんね。
でもこれは写真の基本なんです。
撮影機材がよくなるにつれてこの基本がおろそかになっています。
などと思ったことを書いてみましたが、
自分でハードルを高くしたような気がします。


写真を撮るのが怖くなってきました(笑)
伝えることをちょっと考えてみなければなりません。

0 件のコメント: