2011年1月23日日曜日

ランドセル






先日のニュースで知ったのですが、
今ブームになっている伊達直人が交番に届けた善意のランドセルが、
法律上遺失物扱いになってしまいその善意が新年度に届かないそうです。

確かに法律を遵守しなければなりません。
当然のことだと思います。

でも、何とかならないものでしょうか。
そのあたりの融通を利かせることが、
或いは法律の運用を少し拡大解釈してみることが、
それほど難しいのでしょうか。

誰が責任を取るんだというところに、
こういう問題の全ては集約されてしまいますね。

警察官がその職責をかけてするような大きなことではないでしょうが、
こんな些細なことでも誰一人声を上げないという現実の方が、
僕はとても残念ですね。

おそらくは書類一枚だけの問題なんですよね。
担当の誰かがちょっとウインクでもしている間に、
どうにでも出来たようなことだと思います。
そのことをいったい誰が問題にするのでしょう。

・・・今の世の中すぐに訴えられそうですけど・・・

もっともっと大らかに生きましょうよ。

0 件のコメント: