2011年1月27日木曜日

スポットライト






僕は作家のタマゴや若い作家に、
スポットライトを当てるのが大好きです。
磨かれていないけど、
どこかに原石の持つ力がキラッと光るときが幸せな瞬間です。
彼らがそこからスタートして、
光り輝いていくことを想像するのが好きです。
そうやってキラキラと輝く光で、
世の中を幸せにして欲しいと思っています。


でも、スポットライトに当たることは、
そんなに難しいことではありません。
当たり続けることの方が何倍も努力が必要です。


そして、僕が彼らに本当に望んでいるのは、
スポットライトが当たらなくても、
自分自身で輝き続けることが出来るようになって欲しいということです。


そうすれば彼らの周りにはまた原石がたくさん集まるでしょう。
スポットライトを浴びることで満足しないでさらに進んでもらいたいです。

0 件のコメント: