2011年3月2日水曜日

平凡な水曜日の朝







人は幾つもの別れを重ねるたびにその命を背負って生きていくことになりますね。
とても重たい荷物になってしまう気がします。

でも、きっとそうではないと思うのです。
失った命は心の中で時と共に悲しみから生きる力へと変わっていくのだと思います。
そうでなければ人はいつかその重さで押しつぶされてしまいますからね。
悲しみが大きいほど大きな生きる力になるはずです。

ちょっとそんなことを考えてみた水曜日の朝でした。
晴れてますよ大阪。





※写真と文とは関係ありません。


**************************************************************************







ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
Participates in the blog ranking.
It's glad when you can click.
↓↓↓↓↓click↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ





写真をアップしているブログもあります。
よろしければお立ち寄りください。
There's my photograph blog.



0 件のコメント: