2011年3月30日水曜日

枚方市には・・・




新青森駅前のモニュメントを制作したアーティストや、
はやぶさの帰還映像を撮影した科学館の学芸員を紹介しましたが、
まだ変わった人(?)が枚方市には住んでいます。

将棋女流名人位の里見香奈さんが防衛を果たしたときに使われた駒を作った人。
独学だそうですよ。
大学生の頃に伝説の駒師と言われた宮松幹太郎の駒を見て心が揺さぶられたそうです。
もっとも伝説の駒師と言われても僕は知らないのですけどね・・・・

確かに美しい駒を見ていると時間が経つのを忘れてしまいます。
たかが将棋、されど将棋。
駒ひとつにもその美しさを表現できることがあるのですね。
日々そんなことをつい忘れてしまっています。


*************************************************************************
Participates in the blog ranking.
It's glad when you can click.


にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ

















































0 件のコメント: