2011年5月1日日曜日

お経の音色

法事の際にお坊さんが読むお経を聞いている間、
色んなことを思い出すものですね。

本当はお経の内容や意味することを考えるべきなんでしょうが、
ほとんど言葉自体もわからないし、更にその意味など全くわかりません。
それで結局はBGMのように聞きながら他のことに思いを巡らしていました。

走馬燈のように思い出が浮かんでは消え、消えては浮かぶ。

宗教的にはほとんど信心していませんが、
こういったことはもしかしたら必要なことなのかもしれませんね。

父親の四十九日の法要と納骨を済ませました。
これで一段落、

と。





*************************************************************************
Participates in the blog ranking.
It's glad when you can click.


にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ



0 件のコメント: