2011年6月25日土曜日

最近

ちょっと感じたこと。




みんな頭がよい。
自分の行動を理路整然と分析できる。
過去のこと現在のこと更にこれから先のことも含めて、
しっかりと理論立てて語ることができる。
これは素晴らしいことだと思う。
別にお世辞ではなく本当にそう思う。


ただ、何故そんなに理論武装が必要なのか僕には理解できない。
僕の頭が理論的ではないということはわかるが、
やたら理論的に分析することにどうも拒否反応を起こしてしまう。
もっとも拒否反応を起こす相手はほぼ若い人たちだけど。


結局自分の薄っぺらさを隠すために理論武装を試みているだけ。
だから尚更薄っぺらさを際立たせている。
小賢しい理論など無用だと気がつかないのか。
好きだ、面白い、楽しい、やってみたいという感情だけで、
自分を表現できないのだろうか。
おそらくはそういう情熱さえ薄っぺらいのだろう。






そう言えばもう一つ、


『スーパー』や『スゴイ』と形容する『人』や『コト』をよく見聞きする。
期待しながらそれらを見るがほとんどスーパーでもなくスゴイこともない。
以前にも書いたが『新しい』や『初めて』などという形容詞を、
全く新しくもないし初めてでもないのに使っているのと同じ。
『スーパー』や『スゴイ』を使っている人ほど、
本当に『スーパー』や『スゴイ』ことを知らないのだろう。
むやみに使えるような形容詞ではない。


もっとも、時代性もあるだろうし、ことばの流行もあるから、
ある程度は仕方のないことなのだろうとは思う。


こういう状況はそのうち改善されるのだろうか。
或いはずっと我慢しなければならないのだろうか。


何も知らなかった無垢な少年時代に戻れば、
初めて出会うすべてをスゴイことだと思うのだろうか。
でもね、未だに知っているコトといえば、
砂漠の中の一粒の砂程度しかないのですよ。
いや、砂漠の中にいることすら本当は理解していないかも・・・






・・・・っと、ハナシが・・・・

















RANKING↓ブログ村

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
Participates in the blog ranking.
It's glad when you can click.
↓↓↓↓↓click↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ 




0 件のコメント: