2011年8月16日火曜日

火中の栗を拾う

「火中の栗を拾う」
という言葉の意味は、
「自分の為にはならないことなのに、人の為を思ってする行為」
だと思っていましたが、
どうもそれだけの意味ではなさそうですね。

「人の口車に乗せられて、貧乏くじを引いてしまう」
というような意味から、
「世の中のために、敢えて危険を顧みず事に挑む」
というのまで、正反対の意味を持っているみたいです。
どの使い方が正しいのでしょうか?



僕の場合は口車に簡単に乗せられてしまうタイプです。
でも案外イヤじゃない(笑)




世のために敢えて事に挑む政治家がいなくなって久しいですが、
対岸の火に栗を投げ入れて身の安全だけを考えている連中を燃やせば、
少しは電力不足にも役立つかも知れない。

0 件のコメント: