2011年9月10日土曜日

夏の終わりの・・・

夏の終わりの・・・

と言うには少々暑かった昨日の夜。
渡辺美香子さんの個展会場で行われたアコーディオンの夕べに行ってきました。

大阪北浜の土佐堀川沿いに立つビルの6F。
エレベーターが開くと直接ギャラリーで、
始めてくる人は間違いなく驚きます。
窓から見える川と高速とビルの灯りはとてもロマンティックです。
ここはプチバーもありますのでまさにオシャレな都会の隠れ家。

美香子さんの作品は手業を尽くし心を込めた作品です。
色鉛筆なら僕でも使えるはず、なんですけど、違う。
9月11日に公開される、
KIZUNA-JAPAN Project グラフィックMOVIE第2弾「夢」にも、
今回展示されていた作品の中からご参加をいただいています。
きっとご覧になればすぐにわかると思います。
それにしても精力的に創作活動をされています。
驚くほどのエネルギーだと思いますが、
ご本人からはそんな印象はあまり受けません。
イチロウさんに聞くと違った答えが聞こえてくるとは思いますが・・・

ところでこの美香子&イチロウのイチロウさんは、
僕とはグラフィックデザイナー仲間ですが、
クロマチック・ボタン・アコーディオンの奏者でも有名です(?)
昨日は行灯社(あんどんしゃ)というユニットとの共演でした。
フルートのちえみさんとアイリッシュハープのみほさんのお二人です。

アイリッシュハープを僕は初めて見ました。
絵は目にしていますね、GUINNESSのロゴですから。
アイルランドで生まれた、現在のグランドハープの原型だそうです。
確かにオーケストラなどで聞くハープより、
ずっと響きや味わいが素朴な感じがします。
地に足がついた感じがして僕には身近な音色でした。

このハープとフルート、そしてアコーディオンの演奏は、
ゆったりとした時間を過ごすのには程よい音楽です。
それに美香子さんの作品にもマッチしていて、
まるでコーディネイトしていたかのように思いました。
(していたのでしょうけど・・・)
PAナシの生音だけで小さなギャラリーにはピッタリでした。
久しぶりにのんびりした空間を経験してきました。

ありがとうございました。

ほんの一部をご覧下さい。





で、今日はコレ行きます。

奈良まで。
車で行く予定だったのに息子の車がラジエター不調で急遽修理。
僕の車を貸したので、今日は電車で移動です。
車だと45分で着くところを電車だと1時間30分かかります。
なんてこったい、思わぬところで小旅行です。

0 件のコメント: