2011年10月13日木曜日

悲しいほどお天気(クローズ編)













オープニングパーティーから丁度一ヶ月の10月10日。

展覧会も初日と最終日に二度訪れるには、
会期が一ヶ月という長さは意味のあることなのでしょう。
景色が変わっています。
風も香りも光の具合も季節が変化したことを知らせてくれます。


ギャラリーの壁面に直接絵を描き、
クロージングパフォーマンスでそれを消してしまう。

本当にそこに描かれていたことは、
事実として写真には記録されました。
きっと後日、写真を見ながら語りぐさになるでしょうね。
でも、僕はその記録よりも僕自身の中の経験として、
しっかりと自分で確かめたことに、
ある種の安堵感や優越感を感じています。

どんなに細部まで詳細に撮られた写真や、
隙のない理論で組まれた文章よりも、
僕自身の経験が優先すると思っているからです。
コンテンポラリーアートの一番の醍醐味だと思います。

あの時間、あの場所に居合わせなければ見ることができなかったもの。
見るとは視覚だけではありません。
ヒトとしての全ての感覚を使うのです。
そして最後は想像力が組み立てるという一連の作業は、
展覧会場に自分が存在したという事実がなければできません。

そんな素敵な機会を作ってくれた中島麦という美術家に感謝します。

0 件のコメント: