2012年2月9日木曜日

有果里 個展 えどりのきれ





駅を降りて少し坂を登り、住宅地の間にまるで異次元の空間。
雑木林の中に立つ古い校舎にSewing Galleryはあります。
靴を脱いで板張りの床に足を下ろすと、
なるほど、ここは別世界。
小学校はこんな感じだった、ような記憶が蘇ります。
・・・という、刷り込まれた遠い偽りの記憶です。
僕の通った小学校はコンクリートでした(笑)

少し開けられた窓から冬の冷たい風が吹き込んで、
展示された作品を揺らしています。
風の音、鳥の声、遠くに都会の喧噪、窓から射し込む光。
ゆったりと流れる音楽(楽曲はわかりません)

今回の展覧会は布に描かれた作品です。
潔く挑戦していると感じました。
有果里さんから創り出される作品と、有果里さんの個性が、
僕の中で少し形が出来上がってきた感じがしています。
実に面白い、楽しい、これからが楽しみな作家です。

個展の間は着物で過ごすそうです。
似合ってました。
着物姿の彼女はこの展覧会の一番の作品(?)かも知れません。

因みに有果里さんの写真はNGでした。


***************************************************

有果里 個展
えどりのきれ

SEWING GALLERY

〒573-0013
大阪府枚方市星丘2-11-18
星ヶ丘洋裁学校内
tel:072-840-2476

2012年2月8日(水)~2月19日(日)
12時~18時(最終日は17時)
月・火・休廊
*******************************************

会場風景

0 件のコメント: