2012年4月16日月曜日

次へ

大阪ではもうそろそろ桜は終わりです。
まるで雪のように花びらが舞い積もります。
この潔さが日本人には昔から好まれていると言われていますね。
もっとも、現代人からは潔さは消えかけていますけどね。
それでもなお桜が好まれているのは、
失いつつある潔さに対する惜別の思いなのでしょうか。

と、そこまで大袈裟なことはともかく、
目的地に到達したら次の目的地へ。
或いは目的地への到達が成し遂げられないと判断したら、
潔く散る覚悟を持っていなければ、
後世へ繋がなければならない大切なことを、
見失ってしまいます。

桜が潔く散るのは来年へ繋ぐために違いありません。
桜に限らず後世へ繋ぐというのは、
自分をどこまで律するかということに他ならない。
全く自分を律してはいない僕が言っても説得力はないのですが、
散る覚悟を忘れないようにしたい。


まだ、散りたくはないけど・・・



0 件のコメント: