2012年6月14日木曜日

出る杭は打たれるのか


 よく耳にする言葉。しかし我が身に振り返って考えてみると、正直なところそんな経験をしたことがない。否、それに似た理不尽な仕打ちは何度か経験している。ただ、自分では出ているつもりは全くないので、当然打たれる筋合いもないと思っているが・・・

 出る杭は本当に打たれるのか?実際には真正面から打たれることなどないような気がする。つまらない誹謗中傷の類いがほとんどではないだろうか。世の中とはそんなものなのかもしれない。でもこのいわれなき(原因があるとしても)言動によって傷つくことも多い。この傷が糧になることは確かだが、こんな糧など望んではいない。真正面から打たれるということは、言い換えれば切磋琢磨することに繋がる。そういうライバルに出会える幸せはきっとかけがえのないものだろう。

 かつて『あんな奴は簡単に潰してやる』と影で言われたことが二度ある。言われる筋合いのないことに悲しく腹立たしい記憶が今でも残っている。なんとか潰されずに今もやっているので、もうどうでもいいことだが、今のように誰もが情報源となり発信できる世の中だったら、状況は変わっていたかもしれない。己の言動に責任を持つことを戒めたい。

0 件のコメント: