2013年7月11日木曜日

熱中症

何だか凄いことになってますね〜暑さ。

連日の報道で熱中症の救急車搬送の多さに驚いています。
当然対策のコメントもことある毎に言われています。
水分補給を定期的に取るようにしましょうなど・・・

特に異論はありませんが、
みんな喉は渇かないものなのか?

小さな子どもや高齢者ならわかりますが、
体力的に問題なさそうな年齢の人たちも、
或いは運動部の人たちまでも熱中症になっています。

動物としての本能が欠如しているのではないかと、
かなり心配になります。
生命に対する防衛本能は、
現代人にとっては必要のないものなんでしょうか。


さらに疑いたくなるのは、
この状況で持久走の授業を行った学校があります。

全くどうかしてるゼッ!


そう言えば、
昔は運動会と言えば秋だと決まっていましたが、
最近は夏休み前にやるところが多いようです。
進学などとの兼ね合いだと聞いた記憶があります。
ならばもう少し早めて梅雨前にでもすればいいのに。

そんな予定の変更など臨機応変に実行できると思いますが、
それをやらないのは、
例年に習ってなどという自己保身が理由なんでしょうね。


自己保身は誰でもやることなので否定はしませんが、
やってはいけない連中が真っ先にやっている気がします。

プロ意識がないんでしょうね。
アマチュアが責任ある地位に就いてはダメです。

自分の地位や役職が誰のために何のために存在するのか、
きっとそんなこと考えもしていないのでしょう。
名刺に印刷するためと高額な給与のため。

特に誰かをイメージして書いているのではありません。
でも、いくらでもそれらしき人たちが浮かんできます。
情けない世の中です。

全くどうかしてる。

0 件のコメント: