2013年7月24日水曜日

時間は勝手に

何もせずボーっとしている間に時間は過ぎていきます。
あれをやろう、これをしなければ、
と思いつつ結局何もできなかった一週間。


閑話休題


今思えば些細な出来事でFacebookから距離を置いてから、
もう一年半以上が経ちました。
まぁ、距離を置いたところでどうってことないので、
もうこのままフェイドアウトしても、
きっと誰も何とも思わないのでしょうね。
先日も書きましたが、
重病説だの死亡説だのまことしやかに流れてましたが・・・
僕自身はそんなことどうでもいいことなので、
面倒な『繋がり』から解放されてスッキリしています。

が、このご時世、
古い知り合いの近況をネットで見つけたら、
自然とFacebookに繋がってしまいます。

「なんだかなぁ〜」

などと思いながらこのままフレンド申請するのもなぁ〜
と思案中です。

もうこの状況がネット中毒の症状のひとつに他なりませんね。
パソコンを使い始めて30年以上になります。
更にさかのぼれば、
大学時代には(当時の)スーパーコンピュータのプログラムを書いたりしてました。
インターネットが軍事用から民生用に広がり始めた黎明期も知っています。
なので見た目はかなりなデジタル人間なんですが・・・


だってそれほど興味のない人達の近況って気になりますか?
僕は全くどうでもいいです。
だからFacebookを開ける度に、
そういう情報の羅列が目に飛び込んでくるのがストレスになります。
形は『フレンド』ですけどね。

言い訳がましいですが、
どんなに親密な『フレンド』だとしても、
その人間の日常を逐一知りたいとは思わないのです。
僕はそういう性格なので悪しからず。


どちらかと言えば天邪鬼なだけかも?

0 件のコメント: