2013年7月5日金曜日

−∞〜+∞

極端に言えばそういうこと。

私財の全てをなげうってでも手に入れたいもの、
その反対に高額な持参金付きでも欲しいとは思わないもの、
『アート』ってきっとそういうものなんだと思う。

そしてその判断基準は100%個人の心の中にあって、
誰もそこに立ち入ることは許されない。

だからこそ、
命と共に大切にしなければ、
ヒトとしての尊厳を失いかねない。

こんな風に見てみると、
世の中の状況が少し違って見えてくる。
価値基準を経済効果でのみ判断しているようでは、
豊かにはならない。

経済効果が低いことが諸悪の根源のように言われているが、
実はそこに当然あるべき『心』がないことが、
世の中に暗い影を落としている。

心貧しき富める人々には、
是非とも心も富める人になってもらいたい。

そのために『知恵』の出し方使い方を・・・

   学んでこなかった?
  
   かも?

知識は豊富なのにねぇ〜
やっぱり事は教育問題。

0 件のコメント: