2014年1月22日水曜日

問題の本質は?

先日TwitterにA氏の投稿がありました。

新幹線で乗り合わせた小さな子ども連れの客と、
近くの席に乗り合わせたB女史の出来事です。

子どもが泣き始めそれがなかなか泣き止まないときに、
B女史は「うるさいなぁ~」と言いながら舌打ちをしたそうです。

そこでA氏はそういうB女史の態度に批判的な投稿をしました。
するとその意見に賛否両論の意見がたくさん寄せられたそうです。
もちろんそれらの意見は簡単に想像がつきます。
さらにこの出来事を題材にして、
あるローカルのニュース番組でも特集を組んでいました。
当然賛否両論の意見が紹介され、
さらに小さな子どもを持つ親世代にもインタビューをしていました。

子どもが泣くのは当然だ、
公共交通で他の迷惑になるようなことは慎むべきだ、
それくらいのことは我慢しろ、
子どもを泣かせないようにするべきだ、
仕方ない・・・・

等々、紹介された意見もTwitterに投稿された意見も、
それぞれの立場や考え方に『一理』はあるので、
簡単には解決できない問題だなぁ~

と、

思ったのですがどこかに違和感がありました。

そもそも、新幹線の車中で子どもが泣いたら迷惑です。
そんなことは当然でしょう。
そういう共通認識をまず忘れているようです。

さらに、それでも子どもを乗せるのなら、
親はそれ相応の準備や対応策をとるべきです。
そしてそこに乗り合わせた乗客に対して、
迷惑をかけるかも知れない、
或いは迷惑をかけてしまい申し訳ないという態度を表さなければなりません。
他の乗客も迷惑だが親がちゃんとした行動を取っているなら、
ある程度は『我慢』するべきです。

要するに、
単純にコミュニケーション能力が欠如しているということと、
心にゆとりがなく我慢するという行動がとれないということではないのか?

問題の本質は「こっちの方」に違いないと思います。
LINEやTwitter、Facebookなどこれだけのツールがあるのに、
いったいコミュニケーション能力の低下は底がないようですね。

ではなく、コミュニケーション能力の低下の原因は、
これらのツールだと決めつけては言い過ぎなのか?

もう一つ我慢できない人々も増加中ですね。
我慢するのは体に良くないという考え方が大勢を占めています。
一歩譲ることがどれほど体に良くないことなのか私には理解できませんが、
自分の意見をしっかりと表現することと、
社会生活において我慢するということは次元の違うことです。
どうも世の中はこの両方を同じ次元で論じているようです。


もっと書きたいが、またそのうち・・・つづく。



0 件のコメント: