2017年3月21日火曜日

2017.3.21

小説を書いている。
書くきっかけは色々あるのだが、
歳を取ると自分史というのがお決まりだ。
私の父親も書いていた。
私も、と、思ったが、
自分史を書いても面白くも何ともない。
なので、小説仕立てにした。
で、書いているうちに、
膨らみすぎて、盛りすぎて、
小説仕立てではなく、
小説になってしまった。
ポイントになるエピソードは、
ほぼ、事実。
登場人物も当事者が読めば、
わかる、かも知れない。
困ったものだ。
近いうちにどこかへアップするつもり。



https://kakuyomu.jp/works/1177354054882812270

0 件のコメント: