2013年1月13日日曜日

電子書籍 『伝』 のご紹介


先日も書きましたが『伝』という電子書籍に
Hiro's Art Guideを掲載しています。

下記サイトから読むことが出来ますので是非ご覧下さい。



『伝 第1号』 濵田啓塑


『伝 第2.2号』 正垣裕理


『伝 第3.1号』 有果里


    ※更に、この号では美術家の中島麦との対談~アート心はwandering~も


『伝 第5号』 稲田ひかり




僕の好きな作家の勝手な感想を綴っています。
美術評論などではありません。
そういうことは専門家に任せておきます。

アートは身近な感情で接すればいいという見本のようなものです。
感想など聞かせていただければ嬉しいです。

小田啓介作品展




本日から始まります。


『心豊かであれば…』

詳細は下記サイトをご参照ください。


小田啓介さんのブログ

http://blog.goo.ne.jp/buongior




「心豊か」で過ごしていますか?

こんな質問をされるとちょっと考えてしまいますね。
自分自身も世の中も決して心豊かだとは言えない・・・
ただ、できる限り心豊かでいたいと思います。

ほんの少し視点を変えるだけで、
心はとても豊かになるものです。
結局、豊かどうかは比べるものではなく、
自分がどう思うかということなのでしょうね。

他と比較するべきことと、
決して比較してはいけないことの区別を、
しっかりとつけることが知恵だと思います。




2013年1月9日水曜日

不義理だぁっ!

今更ながら・・・・

この期に及んで・・・・

七草も過ぎたのに・・・・




あ〜っ、

ついに年賀状を出せなかった・・・
と言うか、
出さなかった。

いただいた皆様、
この場を借りて・・・お許しを・・・

って、それも失礼か。



と、言うわけで、
2013年の年賀状はないです。ハイ。





ちっちゃいっ(*^▽^*)

2013年1月5日土曜日

いつの頃からか・・・



新年を祝い年神様をお迎えする飾り。
いつの頃からか作り物
・・・
当然作り物と言えば作り物だが、
ここではプラスティック製品のこと。

これなら毎年買わなくても使い回しが出来てしまう、
と思っているのは僕だけなのか?

もちろん中の餅は賞味期限内にお召し上がり頂きたいが、
それ以外のものは来年も使えるはず。
それともそんなことをしてはダメなのか。


必要なのは『心』。

別にプラスティックの作り物でもかまわない。
とは思う。

でも、

年末に鏡餅や串柿を飾り、
鏡餅が次第に堅くなりヒビが入ったりする様子を、
経験できない子どもたちに、
日本の文化が大切だなどと言っても、
どうも説得力に欠ける気がする。


本物には受け継ぎ伝え、
そして存在する意味が必ずある。

2013年1月4日金曜日

もう第5号になります。
是非ダウンロードしてご覧下さい。




  • 伝 第5号
  • tosikitagawa
  • 無料
  • 実力派クリエーターの作品発表を中心にニッチなカルチャー情報を発信しています。5号の巻頭は大阪のトッププロカメラマン宮田昌弘さんの岸和田だんじり祭写真集発売記念特集。きっと伝説になる児童劇団「きっず★kochou の主催者 桜さがみさんの独占インタビューもかけがえがない!

2013年1月2日水曜日

NEWYEAR

今週は仕事に暮れて仕事に明ける一週間。
ありがたいこと。

か?

満足に飲んだくれていられないめでたき正月。

さて、遅ればせながら謹賀新年。

今年はどのような一年にするか?

色々と考えると何だか難しい結末が待っていそうですが、
実は簡単な話。

素直に嘘のない時間を過ごす。

わかりやすい。
世の中もきっとこの方がいいと思う。

が、

それでは楽しさも半減してしまうかも・・・



もっとも、

多分、
きっと、
どうせ、

面倒なことが次から次へと起こる一年になるでしょう。

人生万歳。