2014年9月11日木曜日

ひのでのひ





有果里 個展
ひのでのひ
- きらきらと あっぱれ めでたい 日の出の日 -

2014年9月13日(土)~10月8日(水)
12時~19時
毎週 木・金曜日 休み

お八つとお茶
いろは
〒657-0051
兵庫県神戸市灘区八幡町4-2-25
アノアール・ド・リェール1階
Tel.078-203-2947

※カフェですのでメニューのご注文をお願いします。


有果里さんのブログ(http://yukari515.exblog.jp/)によると、
この個展は特別な思いがあるようです。
そう言われるとこちらも襟を正して見に行かなければなりませんね。

とても楽しみです。

それにしても彼女の展覧会に使われる言葉は興味深い!



『伝』という電子書籍・・・

というお話を以前このブログでもご案内しましたが、
確認したらどうやらアドレスが変更されたのか、
それとも何か事情があって封鎖しているのかわかりませんが、
残念ながら繋がらなくなっています。
折角の素敵な内容なのに(自分で言うなって・・・)
見られないのはもったいないので、
勝手にこのページから見られるようにしました。
(特に問題ないと思います、たぶん。。。)


私の執筆ページはHiro's Art Guideです。

下記アドレスをクリックして別のページへ移動してデータをダウンロードしてください。

http://www.eonet.ne.jp/~dandysmile/index.html


ユーザー名とパスワードは

denfile  と  ari5764

と入力してください。




『伝 第2.2号』 正垣裕理


『伝 第3.1号』 有果里


    ※更に、この号では美術家の中島麦との対談~アート心はwandering~も


『伝 第5号』 稲田ひかり




僕の好きな作家の勝手な感想を綴っています。
美術評論などではなく、
アートは身近な感情で接すればいいという見本のようなものです。
感想など聞かせていただければ嬉しいです。



2014年9月3日水曜日

嬉しいプレゼント

昨日の誕生日は特に変化のない一日でした。
そんな中、
娘からとても嬉しいプレゼント『短い手紙』をもらいました。

ここで内容にはふれませんが、
親子であることをそれなりに彼女は誇りに思っていることが、
その文章からは感じ取ることができました。
本当に幸せな手紙です。

 ・・・まっ、リップサービスもあるでしょうけど(笑)

手紙を読むと、
いつも自分のことしか考えていない私は、
なんだかとても恥ずかしくなりました。
もう少し家族のことを大切にしなければなりませんね。






ニュージーランドのとある国道

2014年9月2日火曜日

60(1954-2014)

還暦。

今の自分にはピンと来ませんが、
世間的にはそういうことなんです。
昭和29年9月2日(1954年)に生まれました。
当然ですがその頃の記憶なんてありません。
まぁ、今の自分を見れば当時の様子も想像に難くありませんけどね・・・

今回何か記念になることはないかと考えた結果、
今まで撮影した写真集を作ろうと思いました。
が、しかし、その写真の選定コンセプトが決まりません。

まずは還暦に因んで『60』作品を選んで。。。
さて、どんな基準で・・・

結局ランダムに何でも・・・

そうそう、新旧洋邦を問わず(リクエスト番組かぃ!)、
撮影機材も大きいのから小さいのまで、
更には写真素材で製作した作品までも含めて選んでみました。

作品集の体裁は、デザインは、何部印刷する・・・
予算は・・・結論が出ないので、

ムービーにしようっと。。。

どちらにしても、
どの作品もそれぞれに想い出があり、
実際に私の血となり肉となったことは間違いありません。


ムービーは10分を越える超大作です(笑)
お暇なときにでも見ていただけると幸いです。


作っていて気がついたのですが、
ムービーのいいところは音楽も合わせることができることです。
流れている音楽は私の人生でのベストアルバムから選びました。
このアルバムに出会った記憶も鮮明に覚えています。

学生時代の夏休み、
暑く気だるい昼下がり、
レコードの雑音、
コルトレーンのサックス、
ハートマンの声、
蘇れ青春。

■John Coltrane and Johnny Hartman
   01 They Say It's Wonderful
   02 Dedicated To You

(著作権者さんが何か言ってきたら音楽はなくなりますので悪しからず)

・・・ってなわけで、
私の60年を10分ほどでまとめてみました。






因みにYouTubeの方が断然綺麗に見ることができます。

    http://youtu.be/OwHVFf-XabA


さてさて、次のステップに進むとしましょうか!
やり残したことが多すぎます。