2017年2月28日火曜日

2017.2.28

年相応の何かをはじめる。
いやいや、別に年取ったからウォーキングだとかそういうことじゃなくって。
昔、若い頃にはできなかったこと、
でも、
それなりに経験を重ねた今だからできることってあると思います。
人生無駄に歳を重ねていなければ、ですけど。

2017年2月27日月曜日

2017.2.27

最近、
「賛否両論はあると思うが」という言葉を用いて意見を表明する場面を多く見る。
これは、
良くいえば反対の意見に考慮することだが、
悪くいえば逃げの論法ではないのか?
賛否はどんな場合も必ずあるもの、
反対意見をしっかりと聞く耳を持っていれば、
こんな言葉を用いて逃げる必要などない。
最初から自分の意見は正しいと思い込んでいるからこんな言葉を使っているのだ。
と、断言してみる、今日この頃。

2017年2月26日日曜日

2017.2.26

もう二月も終わりだ。
早い、早すぎる。
光陰矢のごとし、無為に過ごしてはいないか?

2017年2月25日土曜日

2017年2月24日金曜日

2017.2.24

愛しき人よ

結婚おめでとう

これからの長い人生
今までより
もっともっと素敵な日々が待っている
君の笑顔はみんなを幸せにするだろう
それはきっと君自身が幸せになることだ
頑張ったり
時には頑張らなかったり
自由で
そして笑顔で

幸せを祈る

ありがとう

2017年2月23日木曜日

2017.2.23

2月と3月のカレンダーって、
閏年以外は28日まで全く同じ並びですよね。
これって誰でも知ってる常識ではないのですか?
知らない人が何人もいてビックリした。

2017年2月22日水曜日

2017.2.22

人は立ち位置や見る方向によってものの見え方が違ってくる。
と、思っていたが、
その場その場でころころと見方を変える人がいる。
ようするに、何でもアリなのか?
こういう人は信頼できない。

2017年2月21日火曜日

2017.2.21

「臨機応変」というべきところを
「優柔不断」といい間違える(?)人を知っている。

ググってみたら世の中にはこういう人がいるのですね〜

2017年2月20日月曜日

2017.2.20

借りている駐車場の区画のラインが薄くなって見えなかった。
先日綺麗に引き直されたので綺麗になったが、歪んでいる。
やっぱり止めにくい。

2017年2月19日日曜日

2017.2.19

「恋愛はスタート時点ではドラマだが、やがて日常に埋もれる」
と、どこかで聞いた。
日常ではドラマにはならないのだろうか?

ドラマにはならない方が安泰ではあるが。

2017年2月18日土曜日

2017.2.18

幸せな人を見ると幸せになる。
まぁ、やっかみがなければですが。
なので、
自分が幸せならばまわりの人もきっと幸せ。
かな?

2017年2月17日金曜日

2017.2.17

コンビニで飲み物を買うとき、ボトルネックにおまけが付いていることがある。何かもわからずについその商品を買ってしまう。結局使うこともなく終わってしまうことが多い。それどころか、私には何なのか全くわからないモノもあったりするから、困ったものだ。この性分は一生治らないのか?

2017年2月16日木曜日

2017.2.16

人は夢中になることがあればストレスが少しは解消される、ような気がする。このところ仕事に対して文句ばかり言っていた自分が、今、あることに夢中になっていて文句を言っている時間がもったいなくなった。いいことだと思う。

2017年2月15日水曜日

2017.2.15

 むつかしい問題に出くわすとすぐに「横」を見る気がします。まわりはどうなんだろうって知りたくて。何か上手い方法はないのか見つけようとして。でも考えてみれば状況は人それぞれだからうまくいっているように見える人のマネをしてもうまく行くとは限らない。
 横を見ている時間は何かしているようで結局何もしていない気がします。なんにも、大事なことは考えていない。
 苦しいときこそ、前を見ようよ。

2017年2月14日火曜日

2017.2.14

チョコもらった。
別に自慢でも何でもなく義理チョコだ。
お返しが面倒だからいらんのに。
チョコに罪はないのでもちろん頂くが・・・

2017年2月13日月曜日

2017.2.13

仕事したくなーい。
仕方ないからそれでもやる。
けど、早く終わらせたーい。

2017年2月12日日曜日

2017.2.12

最近またウイスキーを飲み始めた。
しばらく飲んでいなかったがどういう気持ちの変化なのか、また・・・
やっぱり私はシングルモルトが好きだ。
うんちくを垂れていたら娘が「急にどうした?」とつぶやいた。

2017年2月11日土曜日

2017.2.11

待っている奴がいる。
そう思うだけで立ち上がろうとする気力が湧いてくる。

2017年2月10日金曜日

2017.2.10

好きな足音がある。
どんな足音か表現できないけれど、その足音を聞くと心がざわつく。
あるドラマのワンシーンで、
主役の女性がビルのロビーからドアを抜けて外へ走り抜ける時の足音。
この足音が私の記憶の何を揺らしているのかわからない。
だけどこの足音を聞く度に何か感じてしまう。
いったい何なんだ?

2017年2月9日木曜日

2017.2.9

朝から降っていた雨
気がつけば雨音がしない
いつの間にか
雪まじりの雨に変わっている
頬に当たる風が冷たい
静かな夕暮れ
このまま雪に変わるのか
こんな景色を眺めながら
人は何を思うのだろう
過去それとも未来

両手で包んだマグカップ
立ち上る湯気もすぐに消え去って
いつの間にか
冷たくなってしまった
温もりが欲しいのなら
自分を熱くしなければ
冷え切った心で見つめても
誰も暖めてはくれない
暖かな瞳で見つめれば
きっとこの冷たい両手を
誰かが包んでくれる

2017年2月8日水曜日

2017.2.8

やりたいことがある。
一緒にやりたいと思える人がいる。

それなら、やろうよ。

2017年2月7日火曜日

2017.2.7

数世代前のシステムで稼働しているポンコツが御山の大将で仕切っている職場。

2017年2月6日月曜日

2017.2.6

 年齢の加算と共に感情の壁の強度が落ちてきている。些細な出来事、ドラマや映画でもすぐに当事者と自分を置き換えてしまって感情移入をしてしまう。要するに悲しい出来事では涙が溢れ、楽しい出来事では嬉しくなり、腹立たしいことには同じように腹を立てる。よくいわれるところの涙もろくなっただけかも知れないが。
 若い頃から感情は表には出していないつもりだった。冷静沈着な自分だと思っていた。もっとも後々聞いたところによると、家族には丸わかりだったようだ。
 人生長くやっていると、色々な出来事を経験している。どうしてもその経験と重ね合わせてしまって、感情が揺さぶられるのだ。ドラマのような経験、以外に誰でもやってきているのだろう。

2017年2月5日日曜日

2017.2.5

運命を決めるのは自分

小学校の校庭を見下ろす小高い丘
校庭を挟むように建っている校舎の彼方
暗い色合いの山並み
この方角は東
朝は綺麗な日の出を見ることができる場所
静寂な日の出の時間が過ぎる
子どもたちの喧噪がここまでやってくる
過去を振り返り
未来を思うには丁度いい場所
人生の岐路に立つ度
私はここへやって来た
何事も時が経てば変わるように
自分自身の道も変わる
いや
変えるのだ
ここにやって来るのは
迷っているからではない
決意の同意を
あの山に求めに来ているのかも知れない

宿命って命に宿っているものだから一生変えることはできない、でも運命は命が運んでいるものだから自分の意志で降ろしたり積んだりできる。
実にシンプルな定義だと思う。
自分がどうしたいか、どうするか。簡単なことだ。

2017年2月4日土曜日

2017.2.4

今にも消えてしまいそうな月が
夜明けの空に浮かんでいる
下弦の月
冬の夜空によく似合う
冷たい風が体を揺さぶる
まるで心を連れ去るように

忘れてしまえるのならその方が
今はきっと幸せになれる
凍てつく空
それは本当の幸せか
そう思い込もうとしているだけ
心閉じても明日は来ない

忘れてはいけない
諦めてもいけない
たとえ心に秘めていても
言葉にできなくても
ずっと思い続けることで
やがて夜明けはやってくる

2017年2月3日金曜日

2017.2.3

○○が過ぎるという言葉がある。
最近では「可愛いすぎる〜」とか
「美人過ぎる〜」などと使われている。
嫌いだなぁ〜この使い方。
目くじらを立てるほどのことでもないが、
なんか違和感を感じる使い方だ。
個人が勝手な感想を言っているのだから
どうでもいいけどね。
僕はこの使い方が唯一許されるのは、
世界で・・・だけだ!
と、個人的には思っているが。

2017年2月2日木曜日

2017.2.2

戦う相手は自分自身と誰かが言っていた。なんとなくわかる気もするけど、戦い方がわかるようなわからないような・・・この歳になっても日々修練が続く。

2017年2月1日水曜日

2017.2.1

場が育てるとは?

確かに上司や先輩、同僚や後輩の仕事ぶりを見て成長して行ければ、とは思うのですが、最近はその手本となるべき人たちのレベルが低すぎてどうにもならんことが多い。おまけに背中を見て成長するはずの人も同じくレベルが低いので、ここでいうところの場は無法地帯となって荒れ放題。どうする?